top of page

乳腺エコーの女 スペシャル開催にあたり想いのたけを

超音波画像に対峙し,診断能を上げる。

それは超音波に携わる我々にとってとても大事なことですが、果たしてそれだけで良いのでしょうか。

例えば悪性腫瘍を見つけた時。

この患者さんはどのような方法で診断をつけたら良いのか、治療法はおそらくこれだからそれならここも気を付けて見ておこうなんて検査をすれば、次の一手に役立つ!、、、かもしれない。 患者さんの未来に何か貢献できる!、、、かもしれない。

​エビデンスがあるわけではありませんが、私はそんなことを思い、次の一手やその先を考え検査をしています。


今回澤田先生にお願いしたご講演もその延長です。 最近の乳癌治療薬の認可スピードは目を見張るもので、次々に新しい薬が世に出ては治療に活かされています。 検査に携わる者は乳がんチーム医療の一員です。 難しいことはわからなくても適応は知っている、聞いたことある、なんとなく知っている、それだけでも視野が広くなるはずです。 澤田先生には、普段治療にはあまり馴染みのない技師さん向けのお話しをお願いさせていただきました。 治療の話は関係ないと思わずに、自分が検査をした患者さんがこの先受けるであろう治療のお話を是非聴いていただきたく思っています。


乳腺エコーの女 スペシャルは6月16日19:00よりZOOM開催です。

閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

会いに行ける講師

ブログの更新を怠っている間に、季節はすっかり春。東京では桜も開花しました。 今年度は皆様のリクエストにお応えする企画が盛りだくさんとなっております。 具体的にはまずは3月31日(金)と4月28日(金)に現地開催で行うレポート講習会、4月21日(金)ZOOM開催の妊娠・授乳期にスポットをあてた乳腺エコーの女第4話です。 【Peatixでチケット販売中】 https://echo-step.peati

bottom of page